VF地獄の座談会を見た感想

 ツイッターでVFガチ勢の方々が熱く意見を交わす地獄の座談会という動画が話題になっていたので、何気なく見てみました。

 私はこの動画を見るまでは、VFesがリリースされたことについては、只々、喜ばしいことだと思っていたのですが、良く思わないプレイヤーがいるということに衝撃を受けました。あぁ、そういう意見もあるのか、と考えされられた感じです。

お前らはVF辞めてったやつらだろ?!

 ちょっと胸にズキンと来たのが、動画内で話されている「FSが嫌で辞めていったやつらが、内容がFSと何にも変わっていないのに、VFes楽しい楽しいって言って騒いでいるんだ?お前ら辞めていったやつらだろ。」というシーンです。

 VFesがリリースされてから、楽しい楽しいとやっている私ですが、そういや、自分はVF5FSを辞めていった人間だったんだなと気づかされました。そうか、自分はVFが好きな人から見たら、VFを捨てた人間と言われているようでショックを受けました。

 VFesをやって、もうすぐ1ヶ月になりますが、すごく面白いんですけどね。

 なんで、当時の私はVF5FSが面白くないと、やらなくなってしまったのか、よく覚えていません。ただ、当時の状況を思い出してみると、まず第一にVF5FSのシステムが、ゆとり抜けを始め、システムがガラッと変わってしまったことにショックを受け、さらに、私の地元ではアーケードゲームの衰退が激しく、私がよく通っていたバーチャ北の聖地と呼ばれていたポピーを始め、通っていたゲームセンターの全てが閉店するという自体になってしまいました。それに加え、私生活でも結婚したり、子どもが生まれたりして、ゲームをする時間もお金もなくなってしまったことから、引退宣言をしたわけではありませんでしたが、自然とVFから離れて行ってしまいました。

 そして、もうやることはないだろう、と、カードにハサミを入れ、ゴミ箱に捨てました。どこのゲームセンターに捨てたのかまでははっきりと覚えてはいないのですが、自分の中で大切にしていた何かを失ってしまった感があったことは何となく覚えています。逆に、今までVFに私生活を支配されていた部分さえあったから、それがなくなったことで、すっきりしたような気さえしたような感じを覚えています。もうこれでこんな過疎ゲーともおさらばできる、と。

VFesがクソゲー?!

 これにもショックを受けました。まぁ、でも、たしかに、そうなんですよね。

 思い当たる節は自分にもあります。だって、VF5FSが嫌で辞めていった自分が、ゲーム性が全く一緒のVFesを面白いって言うの、たしかにおかしいですもんね。でも、個人的にはVF5FSよりVFesの方が面白いんですよ。なんでかっていうと、グラフィック・エフェクトがきれいだから、です。

 アホかって言われるかもしれませんけど、私にとっては結構重要で、私が初めてVF5FSをやった時、VF5Rのグラフィックの方が良かったって思ったんです。これははっきりと覚えています。なので、VF5FSをやって、なんでこれが新作なんだよ、って思いました。

 VFesのグラフィックを見たとき、え?なにこれ?キレイ、触ってみたい・・・って思いましたからね笑

 で、あとから、ゲーム性はVF5FSと一緒だということを知り、また驚愕。なんで、10年前の自分はこんなに面白いゲームをやって、つまらないと思ったんだろう・・・と。普通に面白いじゃん、と。

 でも、これ、面白く感じる理由の一つ、いや、全ては、対戦が出来るから、だと思っています。どんなにVFが面白くたって、一人用ではやりたいと思いませんから。この動画でも語られていますが、VFはアーケードが最高!と言いますが、それは対戦が出来るからそう思うんですよ。私が体験した地方の過疎っぷりを知っていたら、いや、体験していたら、VFesがクソゲーとは言いきれないはずです。

 ゲーセンに行っても、まず人がいない。人がいても、いつものメンツ。そのメンツも、歳を追うごとに一人、また一人いなくなっていく。そうこうしているうちに通っていた全てのゲーセンがなくなっていく。

 もう大好きなVFが自宅で出来る、色んな人と対戦できる。それだけで、これ以上ない幸せなんですよ。

 アーケードで、筐体挟んで、ガチる対戦の面白さは私だって分かりますよ。それが最高だ、ってことは。

 でも、地方で住んでいる私には、学校帰り、会社帰りのゲームセンターにふらっと立ち寄って、見知らぬ人や仲間たちと筐体を挟んで熱い対戦をするなんで、そんな日常はもう二度とやってこないんです。

何が言いたいかって言うと

 家でVFが出来てすげー嬉しい、ってこと。

 ラグ?多少はOK。

 いや、ラグ対戦は嫌だけど、私が言いたいのは、嫌なら再戦しなきゃ良いだけってこと。回線が悪いプレイヤーだって、VFが楽しければ、もっといい回線で対戦したくなるだろうし、それに期待するしかないと思っています。

 ラグがあるから、お前はVFやる資格がない、とか、敷居をどんどん高くしていって、結局、VFやっているのは、いつものメンバーみたいな私が経験した衰退していく地方のようなVFっていうのはもう見たくないんですよね。

 嫌ですよ、ラグは。ですが、私は多少のラグは許容範囲としています。

 そこは、エンジョイ勢の私だから、許容できる範囲であって、ガチ勢の皆さんは譲れないポイントであることは承知しております。

 でも、正直、海外勢とのVFはきついですけどね。。。

最後に!

 この動画内の皆さんの感じ、めちゃくちゃ楽しそうだと思いました。

 文句を言うのも愛情の裏返しなんだと思います。本当にどうでも良かったら、批判なんてしませんから。黙って離れるだけですからね。スト5とか、面白かろうが、つまらなかろうが、何とも思わないし、新作でようが何しようが、調べようとも思いません。

 あと、この動画見ていて、自分も昔、ゲーセンが0時で閉店した後、電気消されたお店の前で、仲間で集まってあーでもないこーでもない言い合った日のことを思い出しました。そのあと、VFやり足りなくて、車を走らせて、24時間ゲーセン行ったり、そこで、ホーム&アウェーでバチバチやったり。こういうの、やっぱアーケードじゃないと出来ないことですよね。(このゲーセンも無くなりました・・・)

 もう二度とこういう日々がやってこないと思うと胸がきゅっと切なくなります。

 

 勢いでズラズラーっと好きなこと書いたので、誤字脱字たくさんあるかと思いますが、それは追々修正しますので、今日のところは勘弁願います。

 さて、VFesしよっかな!

コメントを残す

前の記事

やっぱだめな気がする

次の記事

能代エナジアムパーク