かなへびのいじめ?

 昨年の8月頃に息子が近所の公園でかなへびを捕まえたことをきっかけに、自宅でかなへびを飼育しています。早いもので、もうすぐ一年になろうとしています。飼育に必要なものはペットショップで一通り買い揃え、厳しい秋田の冬も、一匹も欠けることなく、なんとか乗り越えることが出来ました。

 そして、今年もいよいよ春がやってきました。

 春と言えば、産卵のシーズンです。かなへびも例外なく、産卵シーズンを迎えるようです。ちなみに、我が家のかなへびは、今までに、2回の産卵をしておりますが、いずれも孵化をさせることが出来ずにおりました。そんなわけで、次こそはかなへびの赤ちゃんに会いたい!育ててみたい!と思っているところでした。

 そんな私の思いがかなへびに届いたのか、昨日、一粒の卵を産卵しました。そして、まだお腹が大きな様子なので、もう一つくらい卵があるのではないかと思います。ところが、そのまだお腹の大きなメスかなへびに異変が・・・。

 その異変というのが、”やたらと身体にケガをしている”ということです。

 最初は、たまにオスから交尾をせがまれて、首や身体当たりを嚙まれている光景をみていたので、多少の傷はそのせいなのかな・・・なんて思っていたのですが、日に日にケガを増え、ついには、出血までしているので、ここまで来ると、もはやただ事のようには思えませんでした。

 この写真をみてもらうとお分かりいただけるかと思いますが、首にある傷口がぐじゅぐじゅの状態になっていて、とても痛そうに見えます。始めは、交尾の延長かと思っていた行為も、ここまで来ると、傍から見ていると、ただのいじめにしか見えませんでした。オスかなへびは、このメスかなへびが嫌がって逃げても、しつこく追い掛け回しては、噛みついて、振りほどかれても、また噛みつくということを繰り返しました。こうなると、残念ですが、別居させるしかなく、本日より別々のゲージで飼育することにしました。もしかしたら、もう同じゲージで飼育できないのかもしれません。

 しかし、なにが原因でこうなったのかさっぱり分かりません。今までずっと仲良くやってきたのに、なんでここに来て喧嘩?というか、仲間をいじめるような行為をし始めたのか。色々と調べて見ても、かなへびは縄張り争いをするような生き物でないようなのですが・・・。

 早く良くなりますように。

 そして、元気なあかちゃん(卵)が生まれますように。

コメントを残す