かなへび、3度目の産卵

 本日、仕事から帰ってきて、いつものようにかなへびを飼育しているケースを覗いてみると、小さな卵を発見しました。一匹のメスのカナヘビのお腹が大きかったのは前から気づいていたので、間もなく産卵をすることは分かっていたので、その日が今日だったというわけです。

 産卵をしていた場所はケースのど真ん中にぽつんと一粒の卵が放置されていました。出産用に特に場所を用意してあげてあたわけではなかったので、カナヘビもどこに産んだらいいのか悩んだのかもしれません。(用意していなくてごめんね…)

 気になったのは、過去に2回出産した時と同じように、今回も凹んだ卵であるということ。

 凹んでいても、生きていれば、日が経つにつれ、水分を吸収してまん丸に育つらしいのですが、過去2回ともそうならなかった経験から今回も同様な気がしてなりません。そもそも、有精卵かどうかもわかりません。

こんな感じです

 なぜこうなってしまうのか、原因はわからないままなのですが、取り敢えずはこのように小さなケースにいれて、他のかなへびが悪さをしないように隔離することにしました。以前、卵を隔離しないで同じケース内に放置していたら、いつの間にか卵がなくなっていたことがあったので、このようにしています。もしかしたら、いくら探しても卵がなかったことから、食べられてしまっていたのかもしれません。

 しかし、今回、三度目の出産をしたかなへびなのですが、かなりお腹が大きかったので、3個くらい卵を産むのかと思っていましたが、まさかの1個だったので、少しがっかりしました。凹んでる卵だし…。ですが、そのかなへびのお腹を触ってみると、まだ膨らんでいて、卵が入っているかのような感触があるので、もしかしたら、まだお腹の中にもう一つくらい卵があるのかもしれません。

 もしそうだとしたら、今からでもおそくないから、出産用のスペースを作ってあげても良いのかもしれません。水苔を用意したりすると良いとネットで見かけました。

 カナヘビを飼育してもうすぐ一年で、飼育にも慣れてきました。そろそろ、卵からの孵化させて、カナヘビの赤ちゃんに会ってみたいところです。

コメントを残す

前の記事

久しぶりの連日夜ラン