Switchライトでドラクエ3

 小1の娘がクリスマスプレゼントでSwitchライトがほしいというので、買ってあげました。自分が子供の頃は散々ファミコンに夢中になったものですが、子供には色々と悪影響が出そうだったので、出来れば買い与えたくはありませんでしたが、小学校の友達の多くが持っているというので、若干しぶしぶ購入してあげた感じでした。

 娘に買ってあげたのは、定番のスーパーマリオ、あとは、太鼓の達人と今流行のどうぶつの森というゲームでした。最初、スーパーマリオの一本だけソフトを用意してあげたのですが、小1には難しかったのか、折角Switchを買ってあげて、あんなに楽しみにしていたのに、全然楽しそうじゃなかったので(本人は楽しいとは言っていましたが…)、あと二本を買ってあげました。

 昔は散々ゲームに夢中になったものですが、今となってはたいして興味は湧かずにいたのですが、昨日、いつものように、インターネットをなんとなく眺めていると、偶然にも、Switchライトで過去のファミコンソフトが出来ると言うことを知りました。その中には、ドラクエやサガ、ファイナルファンタジーなど、過去の名作がたくさんありました。それを知った時に、「え…やりたい…」直感でそう思いました。

 ドラクエ、サガ、ファイナルファンタジー…んー、どれも面白そうだけど、どれをやろうと悩みました。

 サガはゲームボーイでどっぷりハマりましたが、Switchライトで出来るのは、その頃のままの白黒画面…んー、さすがに白黒かぁ…、そこで悩んだのが、ドラクエ3か、FF7か。この二択に悩みました。2つ同時にはできないし、んー、どちらかと言うと私はFF派なのですが、今回はドラクエ3をやることにしました。

 ゲームとして、ドラクエもFFも甲乙付け難いゲームなのですが、ドラクエは単調なドット絵に対して、FFは3Dなんですよね。ドラクエのドット絵は時が経っても色褪せませんが、FFは昔のカクカクな3Dで、今更、少し取っ付きにくい感じがしたんですよね。

 早速、ゲームをダウンロードしました。価格は1,650円。こんな名作がこんなリーズナブルな価格で楽しめる時代が来るなんて子供の頃は夢にも思いませんでした。少しやってみると面白くていきなり激しくハマってしまい、夜12時から朝方3時までやってしまいました…。当時は苦痛で仕方なかったレベル上げですが、大人になってからやってみると、懐かしさが堪らなく心地良く、思った通りの面白さ!子供の頃はたいしてレベルもせずに次の目的地を目指してモンスターたちに大苦戦したものですが、今はしっかりレベル上げをして、武器と防具を揃えて進むとようになりました。

 そして、やっぱり悩むのがパーティー編成ですね。私は盗賊、僧侶、魔法使いを仲間にしました。ファミコン版には盗賊なんていなかったような気がしますが、Switch版で追加されたのでしょうか。

 あんまりゲームばっかりやっている姿を子供に見せるわけには行きませんので、日中は程々にしないと行けませんが、いやーマジですごく面白いから先に進めたくて進めたくてたまらなくて、続きが気になって仕方ないです。かといって、夜遅くまでやると次の日に響くしなぁ…というのが辛いところです。

 勉強したり、走ったり、筋トレしたり、やりたいこといっぱいあって、時間がいくらあっても足りません。。

 それではまた!

コメントを残す

前の記事

エピレタをやってて思う事