かなへびが産卵しました!

 昨年の夏に近所の公園で捕まえたかなへびが産卵していました。

え?かなへびの卵って、こんなしわしわなの?

 かなへびを飼い始めてから初めての出来事だったので、これをどうしていいのか分からなく戸惑いましたが、調べてみると、若いかなへびは無精卵を産むことがあるとのこと。

あ、これ、それなんじゃないかなと直感でそんな気がしましたが、万が一、有精卵である可能性もあるので、数日間は湿らせたキッチンタオルに包んで、温かい場所に置いて、様子を見てみることにしました。

 数日間、湿度管理をしつつ様子を見たのですが、一向に状況が変化することがなかったので、残念ながらこれは無精卵であると判断しました。そして、せっかくなので、中身がどうなっていのか気になったので、ハサミで切ってみました。

 卵の中にはグミのようなものが詰まっていました。良かった、かなへびの赤ちゃんがいたらどうしようかと思いましたが、予測したとおり無精卵っぽいので安心しました。

 今回は残念でしたが、まだかなへびも若いことだし、次もあるだろうと思いながら、かなへびの飲水を交換していた矢先…飲水をいれている入れ物の下に、この画像では分かり難いですが、なんと4個も産卵していました。

 今回の卵はしわしわではなく、ちゃんと膨らんでいて、おそらく有精卵っぽいです。なんとか孵化をさせたいので、ネットで色々と調べて、早速、孵化をさせる為の準備をしました。100円ショップで購入したケースに園芸用の土を入れて、霧吹きで湿らせて、暖かいかなへびケースの中に入れることにしました。暗いところがいいのかな、と思い、マジックで蓋を黒く塗りました。

 孵化をするまで40日くらい掛かるとのことなので、その日を迎えられるようにしっかりとお世話をしたいと思います。

 また状況が進展しましたら、ご報告いたします。

 秋田の厳しい冬場に生まれてくれた小さな命がちゃんと育つように頑張ります!(まだ有精卵かどうかは不明ですけども)

コメントを残す