山益ドミネーター聡志選手に感動した

 明けましておめでとうございます。昨日、大晦日は皆様、どのように過ごされましたでしょうか。私は毎年恒例で格闘技を見ています。昔はプライドやK−1でしたが、今はライジンという番組を見ています。

 私がまだ中学生の頃に格闘技の話になるのですが、その頃にプロレスにハマり、格闘技が好きになりました。その頃に活躍していた選手というのが新日本プロレスの武藤敬司選手や蝶野正洋選手、橋本真也選手達でした。あとは、ドンフライ選手やドンフライ選手やドンフライ選手と激闘を演じた高山選手がいました。

 当時の私はプロレスで格闘技の魅力にハマったのですが、プロレス選手が総合格闘技に進出するようになっていったことをきっかけに、総合格闘技の面白さを知りました。桜庭選手やグレーシー一族、ヒョードル選手、ノゲイラ選手などなど、実力者揃いでしたし、ボブサップ選手vs曙選手の怪物対決は格闘技ファンの垣根を越えて世間を賑わせる対決でした。

 あれからもう何年も経ち、その頃程、私の中で格闘技熱はなくなってしまってはいましたが、ここ数年は朝倉兄弟の活躍をきっかけに再び格闘技に興味を持つようになり、昨日のライジンで執り行われました朝倉未来選手vs山益ドミネーター聡志選手の試合を見たわけなのですが、久しぶりに心を打たれました。試合の面白さはもちろんのこと、負けはしましたが、山益選手の活躍に感動を覚えました。

 まず、サラリーマンでありながら、ライジンという大舞台に万全の準備を持って登場したこと。そして、日本でトップクラスの格闘家である朝倉未来選手とバチバチにやりあっている姿にはお世辞抜きで感動しましたし、こういう風になりたいなと思いました。

 先日のSASUKEで覚えた感動と相まって、自分もこういう風になりたい、今年はここを目指したいと思いました。

 さすがに痛いのは苦手なので格闘家は目指しませんが、身体を鍛えて、強くなりたいと言う気持ちは益々強くなり、今年、いや、これから目指すべき姿はここだなと思いました。

 何をゴールにすべきかはこれから考えなければなりませんが、強くなる。

 これを私の目標にしたいと思います。

 そんなわけで、成長の記録をこのブログに綴っていきたいと思いますので、今年も一年宜しくお願いします。

コメントを残す

次の記事

いよいよ明日から仕事