走らないからの走る

少し仕事で残業して、帰宅して19時30分。

帰宅するとすぐに食事して、子どもをお風呂にいれさせて、食器洗いを終わらせて、子どもを寝かせて21時00分。やっと一息ついたということで、ソファに横になりながらスマホをポチポチ。

おっと、夜ランに出掛ける時間だ。外は天気が良い。

よし・・・。

いや、もうちょっとゆっくりしてから・・・。

いやー、どうすっかなー。

そうこうしていると21時15分。

よし、キリの良い21時30分スタートで行こうかな。

いやー・・・やっぱり疲れているから、今日は早めに寝て、明日早起きして走ろうかな。(←と、言っておいて走った試しがない)

・・・。

21時45分。

やばい、走るなら、もういい加減出ないとダメだ!今日走らないと、2日連続で休むことになってしまう・・・。

21時50分、夜ラン開始。

 若干、しぶしぶではありましたが、なんとか自分自身の誘惑に打ち勝ち、夜ランに出掛けることが出来ました。走り始めてしまえば、すぐに楽しくなって来るのはいつものことです。そして、最近は日に日に涼しくなってきて、動いていなければ少し肌寒いくらいになりましたので、夜ランをするには丁度良いです。去年は走り始めて一年目だったので、比較する対象がなかったので気が付きませんでしたが、10月というのは走るには一番良い季節が今なのかもしれませんね。コロナ問題さえなければ、マラソン大会が一番多い月というのも納得します。(←台風さえなければ・・・ですけど。たしか去年は台風のせいで仙台復興マラソンも中止になっていましたね。)

 マラソン大会に参加するとなると、当日に向けて脚を休ませたりと調整をしなければならないので、走り易い季節ではあるものの意外と走らなかったりするのですが、今年に限っては参加する大会がないので、しっかりと走り込める月となるのではないかと思います。やる気さえあれば・・・。

 しかし、やる気問題については、難しいですね。

 なぜ走るのか。

 人それぞれ目的や目標があると思いますが、私にとっては、それが「大会で自分の決めた目標を達成すること」ですので、それがなくなってしまった今、それは走る理由がないのと一緒になります。それでも、いつか来るその日の為に走り続ける必要性は頭ではわかっているものの、いつまでも目標が定まらないままでいると、次第にやる気がなくなってきてしまいます。そんな中で、元旦マラソンが開催されることは非常に有難い話でした。これがなかったら、走らなくなってしまっていたかもしれません。いや、走らなくなっていたでしょう。

 とはいえ、これから寒くなって空気が乾燥するようになれば、コロナの脅威は再び高まるでしょうし、案の定、海外では感染が拡大し、ロックダウンをする都市も出てきたようですので、本当に元旦マラソンは開催されるのだろうかと、少し心配な面はありますが、改善方向に向かっていくことを祈りながら、自分に出来ることをコツコツをやっていきたいと思います。(サッカーのあの名選手であるクリスティアーノ・ロナウド選手もコロナに感染したとかニュースでやっていましたね・・・無症状感染っぽいのは不幸中の幸いです。)

 今日は会社で飲み会がありますので、夜ランは出来ませんが、まずは嫌々でも走ることを続けて、1日も早く走るということを自分の生活の中のルーチンに組み込めるように頑張りたいと思います。

 最後は気持ち、ですよね。

コメントを残す