ラスト1キロだけ頑張って走ってみた

 久しぶりに2日連続で走りました。

 いやー、それにしても10月って走り易い季節ですね。走り始めは、少し肌寒いと感じるくらいですが、走っていると丁度良いくらいで、身体もいつもより良く動くような気がします。7~9月は暑くて走る気力も失せる環境でしたが、これくらいの日が続くなら、走っていて気持ちが良いので、今日も走ろうかな、という気にさせてくれます。

 と、いうことで、夜ランしてきたわけですけど、相変わらず、自分に甘いランをしてきました。

 全力を100とすると、75くらいの力で走っているような感じです。速くなりたいのなら、もっと負荷を掛けて走らないといけないのでしょうけど、息があがって苦しくなるのはちょっと・・・嫌なので、80手前で抑えて走る、そんな感じです。ですので、私は走っていても基本的にそんなに息が上がっていません。(←おい、ちゃんとやれよ笑)

 しかし、ここ最近は完全に走り込み不足ですので、息はあがっていなくとも、10km以上の長い距離を走ると、膝が耐えられなくなってきてしまい、悲鳴(痛み)を上げてしまいます。(←身体は正直ですね。)6月頃までは週末に30km走とかのロングランをやっていたので、その頃に限って言えば、それなりに膝も強く成長したような気がしますが、その後、3ヶ月もさぼってしまいましたので、その時に作り上げた貯筋(←ランナー界で言われる貯金をもじった言い回し)は残念ながら、ゼロとは言わないまでも、それに近いくらいなくなってしまったような感じがします。それでも、去年の走り始めたばかりの頃よりもは全然いいタイムで走れているので、これについては、冬~春に走り込んでおいた成果が出ているのだろうと思います。努力は完全に無駄になったわけではなかったようです。無駄になってしまった部分も多いですが・・・。

 そんなヘタレな私ですが、今日は自分自身に甘いながらも、少しだけムチを打ってみることにしました。それが、10km走のラスト1kmだけ、本気で走るというもの。

 今日の練習はこんな感じのペースでした。

 で、ラスト1kmだけ、本気で走ってみたのですが、右のラップタイムをみてのとおり、ラスト1kmは4分09秒でした。

 これ、もう言い訳出来ません。かなり本気で走ったんですけどね。いや、まぁ、正直言うと、ぶっ倒れるのは嫌なので、若干抜きましたけど・・・・それでも、仮に120%の力を出し切ったとしても、4分00秒をギリギリ切るのが関の山だったと思います。学生時代の体力があった頃の自分と比べるのは意味がないとは思うのですが、例えば1500m走をやっても、5分どころか、6分切れるかどうかっていうのは、少し悲しいものがありますね。溜息が出るくらいにガッカリしてしまいますが、こればっかりは認めるしかありません。自分はもう若くはないのだと。

 そして、これにプラスアルファで悲しいのは、自分自身の意思の弱さのせいで練習を継続することが出来ていないので、練習を積み上げて、速くなってきたなと思ったら、練習をさぼり出すからまた後退してしまうことです。水前寺清子365歩のマーチ、たしか、アニメ丸出ダメ夫のテーマソングだったと思うのですが、その中の歌詞にある「3歩すすんで2歩さがる」を地で行っている感じです。

 天気予報だと明日の夜は雨のようですね。たまには休息も必要なので、休むのもいいのかと思いますが、私の場合は一回休むとすぐにサボり癖がついてしまうので、雨の降り方次第では、短い距離だけでも走れたらなと思います。

 走った後の脚の疲労感って、やった感があって気持ち良くないですか?私は結構好きなんですよね。

 それでは、本日もお疲れ様でした。

ラスト1キロだけ頑張って走ってみた” に対して2件のコメントがあります。

  1. りゅうパパ より:

    ご復活おめでとうございます!
    マラソンからは遠ざかってしまわれたのかなと重いましたが、今日今月初めてブログを覗かせていただき、なんだか安心しました。走ることを続けるのは難しいことなんだと思いますし、復活するのは尚更大変かと思います。だって趣味なのにきつい思いをするわけですから、、、。
    大会にもエントリーされたんですね!
    私はオンラインマラソンを一人でやりましたが、今月また一人でやります。情熱を保つのは大変ですが、同世代として今後も励ましあえれば幸いです^ ^

  2. nobbu より:

    りゅうパパ様

    コメント有難う御座います。
    マラソンから遠ざかっていました。仕事が忙しくて毎日残業で土日もゆっくりできない状況が続き、おまけにマラソン大会も全て中止になってしまったことから、完全にやる気がなくなってしまいました。
    元旦マラソンに参加することにしましたので、当面はそれに向かって頑張りたいと思います^^
    今後も宜しくお願いします。

コメントを残す

次の記事

走らないからの走る