ジムの女性ランナーに完敗

 私は、昨年の12月から近所のスポーツジムで、ミッドナイトモーニング会員という夜10時から朝10時まで利用可能なコースの会員になっております。

 当初の目的は東北の冬の日本海側は、屋外を走り込むのが難しくなるので、スポーツジムのトレッドミルで走り込むことでした。実際に通ってみたところ、同じところを延々と走るのは、飽き性の私には耐えられず、1ヶ月も持たずに止めてしまいました。

 その後、入会したものの、すぐにサボりがちになりましたが、折角だから、雪が溶けるまでの春までの間だけでも筋トレをしようかと思い、ウエイトトレーニングを始めたら、思いのほか、身体づくりが楽しくて、雪が溶けた今でもジム通いをしております。

とある女性ランナーとの出会い

 私の通っている時間帯は夜10時からで、ほとんど人のいない時間帯で、且つ、いつも会うのは同じ顔触れですので、自然と会話をするようになりました。そこで、一番良く話すようになったのが、37歳の私よりももう少し年上の女性のランナー(以下、Kさんとします)でした。

 私は昨年の6月からランニングを始めたのですが、そのKさんは、私よりも少しあとの9~10月くらいから始めたようでした。きっかけは何気なく東京マラソンに申し込んでみたら当選したとのこと。

 Kさんは、これをきっかけに一念発起して、晴れの日は屋外、雨の日はジムに通って走り込むようになり、一日10kmを目安に毎日毎日走り込んでいるようでした。

 私がジムに通う度に、自分があっと言う間に挫折したトレッドミルを、Kさんは集中力を切らさずにやっている姿を見ては、ただただ関心していました。

 あまりにも走っているので、どのくらい走っているか聞いてみると、月間200kmは余裕で越えているとのことでした。

 会う度に、頑張っている姿を見ていたので、それくらい走っていることは、想定内だったとはいえ、ついつい声を出して驚いてしまうと同時に、尊敬の念も抱きました。

 並外れた集中力で走っていらっしゃるので、陸上、もしくは、運動経験者なのか聞いてみると、そんなことはなく、むしろ、今まで運動経験はなかったというのだから二重で驚いてしまいました。

 しかし、残念ながら、目指していた東京マラソンは新型コロナの影響を受け、一般ランナーは走ることが叶いませんでした。

 Kさんはとても残念そうにしていましたし、私も自分のことのようにKさんが走れなかったことが残念でなりませんでしたが、それでも、春頃までは、私もKさんも、新型コロナの影響は秋には落ち着くだろうと楽観的に考えており、ここまで走ってきたのですから、絶対にフルマラソンを走りたいですねと話しておりました。しかし、それも今となっては、不可能となってしまい、ジムで顔を合わせては「田沢湖マラソンも中止になりましたね」とか「岩手シティもダメみたいですよ」とか、そんな話をしては、お互いに苦笑いしていました。
 
 ブログをご覧になっている方はお分かりの通り、私のモチベーションは上がったり下がったりで安定せずで、その原因は大会が中止となったことだけではありませんが、大会中止が大きな要因となっていることは間違いありません。

 しかし、大会中止によって、モチベーションを低下させているランナーは私だけではないと思います。

ついに、Kさんと会わなくなる

  私がジムに到着すると、いつも駐車場に停まっているKさんの車を見つけては、「今日も頑張っているんだ、すごい」と感心していましたが、ここ1ヶ月程、Kさんの車を見かけることが無くなりました。

 私は夜の他に、週3~4日で、出勤前に軽くジムで筋トレをしているのですが、そこでも会うことはありませんでした。

 夜もいない、朝も会わない・・・

 ついに、Kさんは止めてしまったのかもしれない。

 そんなことが頭を過ぎりました。

 残念ですが、それも仕方のないことです。

 私だって、大会に出たものの、惨敗して、その悔しい体験がモチベーションとなったからこそ、頑張れている節があるのですが、そのような経験もなく、ただ走っているだけだったら、私だったら、きっと言うまでもなく飽きてしまっているだろうと考えたからです。

 先日の土曜日のこと、朝起きて、8時頃、いつもの週末のように朝ジムに通ってみたらトレッドミルをやっているKさんを見つけました。

私「Kさん!!」

Kさん「おーーーー」

 なんだか、昔からの知り合いにあったかのように、勝手に嬉しくなってしまいました。

 まだやっていてくれたことが、本当に嬉しかったです。

 最近は走っていたのか聞いてみたら、実は朝5時から走るように生活リズムを変えて、天気の良い日は、朝ランをするようにしているようでした。

 なんか、前よりも本格的なランナーになっている・・・

 しかも、自分が挫折した朝ランを実行しているなんて・・・

 しかし、それで会わなかったのかと理由が分かって、一安心しました。

 私は、何回反省しても、ケガしてみたり、急にやる気なくしてみたりして、走ってはサボりを繰り返しているのに、Kさんは、しっかりと走り込んでいる姿を見ると、自分が情けなくなってしまいます。

 ちなみに、その日、トレッドミルを終えたKさんに、

 「今日は何km走ったのですか?」

 と、聞いてみると、

 「んー分からないけど、トレッドミルのタイマーが9999ってなって限界になったから止めた」

 とのこと。

 ちょっと会わない間に、集中力も走力もすごく成長してる・・・

 よし、頑張ろう・・・

 危険物、気持ち良く合格して、梅雨明けと同時に走り込むぞ!!

コメントを残す

前の記事

足裏が痛い・・・