朝型にするかどうか

 ここ1週間前くらいから、毎日5時起きをするようになりました。

 早起きするようになったことには理由があります。

 私の子どものため、です。

 長女が小学校一年なのですが、朝起きるのがとても苦手で、機嫌がとにかく悪いんです。私も怒りたくはないのですが、ついついきつめに言ってしまうことが増えてきました。

 長女も小学生一年ともなると、自分なりの自我が芽生え、好きなこと、嫌いなこと、やりたいこと、やりたくないことを主張するようになってきました。朝はもっと寝たいとか、朝食をとったり、学校の準備をするよりも、朝の子供向け番組を見ていたりします。私は親として、我が子が遅刻をしないように、「あれはした?」「これはした?」「やった方がいいよ」と、最初は優しい口調で助言をするのですが、子どもにはそれが鬱陶しいらしく、わざとなのか何なのか、余計にやらなくなったりすることが、増えてきました。そうなると、私もついつい口調がきつくなってしまい、お互いに嫌な感じになってしまうという負のループを繰り返す毎日でした。

 先日、何度言っても言うことを、全く聞かないので、我慢の限界を超え、ついに怒鳴ってしまいました。もちろん、子どもは泣きながら猛反発をしました。

 寝る前まではニコニコしていた長女が、朝起きた途端に、機嫌が最悪な状態になる。

 私も出来れば我が子を叱りたくありませんし、泣かせたくないのですが、なぜ長女が言うことを聞いてくれないのか全く理解できませんでした。

 「もう、ずっとこうなのかな・・・。」

 そこで、押してダメ(叱ってダメ)なら、引いてみよう(カラダを動かして目を覚ます)と、前々から私の走る姿を見て、走ることに興味を持っていた長女に、起きたら一緒に走らないか提案してみたところ、長女は嬉しそうに「やる!」と言ってくれたので、早速、今までは、夜9時から夜10時まで、それ後に1時間ジムに行く生活から、夜9時前には就寝する生活へとリズムがガラっと変えることにしました。

 その結果、寝起きに多少はグズる日はありましたが、走ったあとには、いつもの機嫌のいい、笑顔のかわいい長女に戻っていてくれて、親子喧嘩を一切することがなくなりました。

 早起きの運動の気持ち良さは、週末の朝ランで知っていましたが、平日の登校前や仕事前にカラダを動かすことは、一見、日中に疲れが出てしまうように考えてしまうかもしれませんが、実はその逆で、気持ちよく勉強や仕事に向かうことが出来る、良い習慣になり得るのではないかと感じました。また、運動をした後はお腹が空くので、しっかりと美味しく朝食を摂ることも出来ます。

 子どもの為に始めた早起きでしたが、逆に早起きすることの良さを、子どもから教えてもらってしまうことになるとは思いませんでした。

 しかし、困ったことに、私のランニングをする時間をどうするか・・・という問題が出てきてしまいました。”今まで通り夜に走ってすぐに寝るか。”か”もっと早起きをして走る”という選択肢を考えているのですが、走るとすぐに寝付けるかどうか分かりませんし、早起きをして走るのは、寝起きえすぐに走りに出掛けられるどうかが心配で、それを自分に習慣付けられるかどうかが心配です。

 長女と朝の運動を約束してしまった手前、親からその約束を破るわけには行かないので、どうすべきかとても悩んでいます。

 方針については、この土日で考えをまとめて、来週もまずは長女のために頑張りたいと思います。

 それでは、明日は今日できなかった30kmランに出掛ける為にも風呂に入って寝ます。

 今日もお疲れ様でした。

コメントを残す