週末、久しぶりに30kmラン完走

今回こそは完走したい!

 週末、天気が良くなるようでしたので、先週に引き続き30kmのロングランにチャレンジすることにしました。

 過去の練習記録を遡りますと、先週、3月下旬、4月上旬にそれぞれ1回ずつの合計3回チャレンジしましたが、脚が痛くなり、我慢できずに全て25km時点でギブアップしておりました。

 先週は起きるのが遅くて、朝8時スタートした結果、日が昇ってくると、気温が上がってきて、熱くて走っていられませんでしたので、今回は、朝5時に起きて、朝食にフルーツグラノーラを食べて、空腹を満たしてから、朝6時スタートしました。

 外に出ると、少し肌寒いくらいの気温で、青空が広がり、空気は澄んでいました。寝起きだったので、身体は少し硬かったですが、このような日に走るのは本当に気持ちが良いものです。

当たり前のこと

 この日は走っていてすぐに「30kmイケる」と直感で分かりました。

 当たり前のことで、今更、言うことではないのですが、改めて気づかされたことがあります。

 それは、体調管理の重要性です。

 そんなこと、当たり前だって話なのですが、知っているようで、理解していなかったというか、重要性を忘れていたような気がします。

 今回、走るにあたって、翌日の30kmランに備えて、前日は夜9時には就寝しました。また、飲酒も我慢しました。

 当たり前ですが、身体が軽く感じました。

 私は自分の中で勝手に”走るには5時間も寝たら問題ない”と言うラインを持っていましたが、それは間違っていました。いつの間にか、ランニングを”ただ走るだけ”の運動だと、心のどこかで舐めていたのだと思います。

 このことに、改めて気が付けたのは、ひとつの収穫であり、今までの自分の行いの反省点を見つけました。

30kmランの練習記録

 なにはともあれ、まずは30kmを無事完走できました。

 また、ペースも30kmまでであれば、サブ4ペースを維持できるようになってきたことや、1年前であれば、膝が痛くて泣きそうになっていましたが、そのような症状が出なくなったことに、ささやかながら、自分の成長を感じます。

 ペースは、前半戦は寝起きで身体が硬く、中々、上向きませんでしたが、後半になるにつれて、身体がほぐれて、いつもとおり走ることが出来るようになりました。

 25kmを過ぎると、徐々に脚に疲労を感じてきましたが、これまでのように、脚が止まるといったことがなかったのは、十分な睡眠や、前日に飲酒をしなかったこという、体調管理がうまくいった結果だと考えています。

 そして、朝早くスタートしたことにより、日が昇り、外気温が上がってくる前に走り切ることができますのが良かったと思います。

 正午に近づくにつれ、太陽の位置が昇ってくると、日陰は少なくなってきますが、スタート時間が早かったことで、コースに多くの日陰が残ってくれていました。前回はこの日陰はほとんどなくなっていて、暑さで体力が奪われてしまいました。

 ただ、実際のマラソン大会は、朝6時スタートとはなりませんので、暑さの中に走る練習がしたいのであれば、敢えて日中に走る必要がありますが、私の場合は、距離を踏むことが目的であり、早めに練習を切り上げて、日中は子どもと遊んであげたいので、これからも基本的には早きして走りたいと思います。

 この日で5月も最後となり、月間の走行距離は245kmとなり、ノルマとしていた200kmを悠々と達成することが出来ました。

 やはり週末に30kmを走ると、一気に走行距離が稼げますね。 

 よく「距離を走れば良いものではない」と言われますし、その通りだとは思いますが、私のような素人ランナーは、自己満足の世界で走っていますので、距離を走れると、ついつい嬉しくなってしまいます。

 6月に入ると、梅雨に入りますので、外を走れない日が増えてくることが予想されますが、今月も目指せ月間200kmを合言葉に頑張って走って行きたいと思います。

 それでは、今日もお疲れ様でした。

コメントを残す