ぼく、生きてます。

 本日、17日ぶりに夜ランで10km走りました。

 決して、新型コロナに感染して、ダウンしていたわけではありません。走っていなかったので、走る為に立ち上げたブログを更新する気力が起きなかっただけです。

 今日は、久しぶりに走ったものだから、脚のバネは完全回復していて、力まずとも、グングン前に進んでいくといった走りが出来ましたが、17日間も走らないでいたせいで、脚は随分と鈍ってしまっていまして、ランニングを始めたばかりの膝の痛みを久しぶりに体験するハメになってしまいました。

 走らなかった理由はいくつかあります。

1.ハムストリング(太ももの裏の筋肉)に痛みを感じから
2.天気が悪かったから
3.大会がなくなり目標を見失ったから
4.緊急事態宣言による周りが自粛モードになったから

 毎晩、走らなきゃいけないと、そのことがうっすらと頭をよぎるのですが、これらの理由によって、重い腰は上がらず、一日、また一日と走らないと日に日に自己嫌悪が高まって行き、増々やる気がなくなっていく負のスパイラルに突入します。

 その結果が17日間も夜ランをしないという結果になりましたが、今日は、消えかけたランへの思いをつなぎ留めたい気持ちで走りました。

本日の練習記録

 走っていて気になったのは、やっぱりハムストリングが痛いということ。

 この痛み、すごく痛いわけではなく、筋肉が張り、じんわりと痛いといった感じなのですが、17日も走らなかったというのに、全く痛みが引かないのが気になります。走っていて、身体が暖まってくると、痛みが紛れて、さほど気には成らなくなり、走れない程のケガではないことが分かったのですが、普段の生活でも、力を掛けると痛みを感じます。

 走り始めの頃、膝が痛くなったのですが、それは初心者が成りやすい膝の痛みだと原因が分かっていましたし、走り込んでいくうちに、膝が強くなり、改善される見込みが立っていたので、特段の心配はしていませんでしたが、今回のこのハムストリングの痛みは、なぜこうなったのか原因が分からない上に、17日間も安静にしていたにも関わらず、ケガの痛みが全くといっていい程、改善されていないことに、もしかしたら、長期戦になるやもしれないのではないかと、大きな不安の種として自分の中に抱えることになってしまいました。

 新型コロナの影響により自粛期間は延び延びになり、当然、マラソン大会のようなイベントが開催される見込みは当面考えらない状況下ですので、これからは、如何にしてモチベーションを保ちつつ練習を積んでいくことが出来るのか、ということが課題となります。

 緊急事態宣言が発表されている中、もちろん、走ることばかりを最優先に考えている場合ではないのですが、感染しない、させないということを第一に考えて、今やれることを、これからも積み上げて行きたいと思います。

 しかし、やっぱり、走ると気持ちがいいですね。

 そんな当たり前の気持ちを今日は取り戻すことが出来ました。これからは、最低10kmとかいう自分の中の変なノルマに捕らわれず、走りたい距離を走りたいペースで走って、走ることの楽しみたいと思います。

 それでは、今日もお疲れ様でした。

コメントを残す