気になっているママさんランナー

 今日は、天気予報のとおり雨ふりで、外を走ることは出来ませんでしたので、会員になっているジムに通ってきました。

 ジム通いは、新型コロナウイルスに感染するリスクが高いと有識者の方々から指摘されているので、積極的に通うのは少し気が引けますが、私は夜と早朝限定の会員であり、通っている時間帯には、私一人か、他に人がいたとしても、もう一人といった状況なので、使用する器具を触る前とあとにはアルコール消毒をしたり、手洗いをこまめに行うなどして、出来る限りの予防をしながらトレーニングをしておりました。

 さて、私が通っている時間帯に、私以外の人がいると書きましたが、その方が、私が気になっているママさんランナー(以下、Mさんとします)です。最初は挨拶を交わす程度だったのですが、良く顔を合わせるうちに会話をするようになりました。

 簡単にこの方の紹介をしますと、年齢は45歳前後で、身長は160cmくらいの細身で、今まで運動歴は特にないとのことでした。

 私がジムに通い始めた目的はトレッドミルを頑張ることだったのですが、走っても走っても景色の変わらない単調運動であるトレッドミルは性に合わなく、苦行に感じ、3日坊主となってしまったのに対し、Mさんはいつもトレッドミルを最低でも60分はこなし、時には120分やることもあるようです。Mさんの集中力にはただただ感心しています。(トレッドミルが好きな方には失礼な書き方をして申し訳御座いません・・・。)

 Mさんになぜ頑張って走っているのか尋ねてみたところ、2020年東京マラソンに応募してみたら、奇跡的に当選したので、それをきっかけに、昨年の10月から走り始めたとのことでした。ですので、Mさんのランナー歴としては、今現在で5か月目くらいになります。

 しかし、このMさん、本当にすごくて、月間走行距離が300kmを余裕で越えているようです。天気が良い時は外を走って、天気が悪い時はトレッドミルをして、週末は朝と夜に走り込んでいるっておっしゃっていました。

 残念ながら、皆さんご存じのとおり2020年東京マラソンは中止となり、先日、あおもり桜マラソンまで中止となってしまい、Mさんは走り始めてから、一度もマラソン大会に参加出来ていなくて、とても可哀そうなのですが、私にはMさんが最初のフルマラソンで、いきなりサブ4達成してしまうような気がしてなりません。

 私がそう話すと、Mさんは「それはないよ。5時間~6時間は掛かると思う。」と笑っていましたが、月間300キロ走り込むって、そうそう出来ることじゃないと思います。

 私も駆け出しではあるもののランニングをする者として、月間300kmを走り込むことがどれだけ大変なことなのかくらい分かります。

 たくさん走ったからと言って、単純にタイムが縮まるかと言えば、そうではないことくらい、私にも分かりますが、それでも、月間300km走り込める方なら、それなりに良いタイムでは完走できるのではないでしょうか。

 私はMさんが月間300kmは走り込んでいることを聞いた時に「ちょっと走り過ぎじゃないですか、休養も入れないと脚壊れちゃいますよ(笑)」って、驚きを通り越して、笑ってしまったのですが、Mさんは「走らないと遅くなっちゃう気がして(笑)」とおっしゃっていました。

 私もそのように考えていたことがあるので、気持ちは良く分かるのですが、精神的、肉体的に限界がきてしまい、走るのが嫌になり、昨年の12月にはついにさぼりモードに入ってしまったことがあるので、毎日、続けることがどれだけ大変なことなのか、私なりに理解しているつもりです。

 新型コロナが終息しましたら、是非どこかの大会に参加してみてもらって、走った感想や記録についてお伺いしてみたいと思います。

 このような頑張っている方が身近にいると言うのは、自分にとっても刺激になるので、本当に有難い存在です。マラソン大会が中止の連続で、参加出来るのがいつになることやら見通しが立たない中ではありますが、嫌にならずに続けてもらいたいです。

 そんなトレッドミルを頑張っているMさんを横目に、私はいつものメニューの筋力トレーニングを行いました。

 明日も雨っぽいので、ジムで筋力アップに励みたいと思います。

 それでは、本日もお疲れ様でした。 

コメントを残す