新型コロナのマラソン大会への影響について

 今年の2月、中国の武漢で新型コロナウイルスが猛威を奮い始めました。そうこうしていると、その影響は徐々に世界に広がっていき、3月1日に予定していた東京マラソンが中止するという事態にまで発展しました。

 私にとって、東京マラソンが中止されることになるとは予想外でしたので、新型コロナウイルスの影響の大きさには驚かされましたが、3月中には沈静化していくものだろうと考えていました。

 ですので、私が参加する予定の4月19日(日)に開催予定であったあおもり桜マラソンは普通に開催されるものだと甘く考えていました。

 しかし、3月に入り、新型コロナウイルスの猛威は落ち着くどころか、むしろ、驚異的なスピードで感染者が増える結果となってしまい、当然のことながら、他の地域で開催予定であったマラソン大会は中止という決断を余儀なくされ、あおもり桜マラソンも例に漏れず、敢え無く中止されることになりました。

 ショックではありますが、3月半ばに、世界的に新型コロナウイルスが流行している様子を、連日、ニュースで見ていると、薄々そんな気はしていました。

 ただ、予想外なのは、新型コロナウイルスの影響力です。まさか、ここまで大きなものだとは夢にも思いませんでした。私はどんなに最悪でも、暖かくなってくる頃には、終息するものと考えていたからです。

 あおもり桜マラソンが中止になったとしても、6月に開催予定のいわて銀河マラソンには参加できるだろうと考えており、参加締め切りは4月30日でしたので、様子を見ながら申し込みをするつもりでしたが、今現在(3月28日)の日本、いや、世界的な様相を見ていると、とてもではありませんが、開催される気がしません。無理して申し込んだところで、他の大会と同様、中止の判断がされることでしょう。

 ちなみに、今程、いわて銀河マラソンのHPを確認してみたところ、次のような状況でした。

大会開催の判断についてのお知らせ

 日頃より「いわて銀河100kmマラソン」へのご参加、ご支援、ご協力を頂き誠にありがとうございます。また、本年6月14日開催の第16回大会にエントリー頂き誠にありがとうございます。

 大会実行委員会では第16回大会の開催の可否について、4月4日に臨時大会実行委員会を開催し判断することと致しましたのでお知らせいたします。

 判断結果につきましては、大会ホームページにてご案内させて頂きます。

いわて銀河マラソン大会事務局
https://www.iwate-ginga100.jp/post/大会開催の判断についてのお知らせ

アンケートを取ってみました。

 Twitterで、新型コロナ肺炎のマラソン大会への影響はいつ頃まで続くと思いますが?というアンケートを取ってみました。

 できれば、「8月頃には落ち着くだろう」という見方が多ければいいなと思ったのですが、やはり、皆さんも私と同じように年内いっぱい、いや、それ以上に長引くことと感じている様でした。

 8月には、30℃を超える猛暑の中、秋田県三種町で開催される日本海マラソン大会があるのですが、私はそれに参加したいと思っていました。

 ですので、Twitterでアンケートを取って、「自分は年内はやばいとおもっているけど、それは考え過ぎで、8月には落ち着くはず」という安心が欲しかったのですが、アンケート結果より、8月以降も当然、新型コロナの影響は続くだろうという見方を、皆さんもされていることから、改めて、自分が考えていることが、考え過ぎではないことが分かり、現実にそうなりそうだという不安に変わりました。

今年はダメかもしれない

 ここ数日の国内の様子を見るだけでも、新型コロナウイルスの感染者は増々増えてきていて、この勢いはどこまで続くのか見当がつかない状況です。

 個人的に、もう今年のマラソン大会の参加はほぼ諦めました。状況が状況ですので、仕方ありません。

 しかし、この大会が開催されない期間でも、モチベーションを保って、しっかりと走り込みは今まで通り続けて自分を成長させたいと思います。

 その為にも、今まで同様に月間走行距離200kmという目標は高々と掲げて、頑張ります。

 明日は天気が良いとのことですので、30km走に出掛ける予定です。

 それでは、本日も一日お疲れ様でした。

コメントを残す