夜ラン、サブ100のコツを掴んできました。

 本日は夜ランはお休みしました。どうやら今週の秋田は天気が悪いので、あまり外を走れそうにありません。その代わり、昨日の夜ランでは走り貯めということで、ハーフを走りました。

 以前は雨が降ろうが、雪が降ろうが、元気があれば何でもできる」「こういう時に走ってこそ精神力は鍛えられるのだ」と気合で外を走ってきましたが、先日、無理をして吹雪の中を走った結果、風邪を引いてしまい、1週間以上にわたり調子を崩して練習することができなかったことから、「やっぱり無理して走るのは良くないかも・・・」と考えを改めました。そして、このような悪天候の日は大人しくジムに通って、筋力強化の日とすることにしました。

夜ラン、ソロハーフ練習記録

 昨日に走ったソロハーフの練習記録です。今回もサブ100を達成することが出来ました。

 以前、TBSでラグビーを題材とした大泉洋主演の人気ドラマ「ノーサイドゲーム」を観ていた時に、私の中で強く印象に残ったセリフがありました。それは、チームの新監督を探さなければならず、どんな監督にするべきか迷っていた時のセリフでした。

「チームをリーグ優勝に導くことができるのは、優勝の仕方を知っている監督だ」

 これはラグビーだけの話ではなく、大学受験や資格試験など、何事にも通じることだと思います。

 私は、先日、サブ100を達成してから、「このくらいのペースで走ればサブ100は達成できる」「こういう走り方をすれば、21kmを走りることが出来る」ということを体感的に覚えました。

 たとえが悪かったでしょうか笑

 何が言いたいのかと言うと、ただ単に、サブ100を走る為のコツを知ったというだけのことです。

 ラップタイムは以下のとおりです。

 序盤は脚が重たく、今日は1時間45分くらいでフィニッシュになりそうかと予想していましたが、5km過ぎたあたりから、徐々に脚がなじんできて、8km過ぎからキロ4分40秒をやや下回るペースを維持することが出来ました。

 先日、初めてハーフサブ100を達成した時は、キロ4分40秒~43秒をキープするような走りだったのに対して、今回は、途中からですが、キロ4分40秒を下回るペースをキープ出来たことは、わずかではありますが、また一歩成長できたような気がして、とても嬉しく思います。

上手くいったこと

 今回、自分なりにうまくいったと感じたポイントがありまして、それは、身体全体を使った走りが出来たことです。

 今までは、脚だけ使って走っていたのに対して、この日は、身体を使って走ることが出来ました。うまく表現できないのですが、脚だけで走っていた時よりも、大きな筋肉を使って走ることが出来たので、疲れにくい走りが出来たように思います。

 身体全体を使う為に、腕振りや、姿勢、地面を蹴った際の腰の動きなど、全てを連動させました。その結果、今までよりも速いペースを長時間キープすることができたのではないかと考えております。

 まだまだ改善の余地は十分にありますので、これからも、走りながら、この動きを身体に染み込ませていきたいと思います。

 最後に、私はランニングにおける専門家ではありません。好き勝手に走っているだけですので、ちゃんとフォームのことを勉強したい方は、私ではなく、専門の方にご相談ください^^;

 それでは、本日もお疲れ様でした。

コメントを残す