度重なる雪上ランの結果、風邪引いてしまいました。

 秋田市内は2月上旬からずっと寒い日が続いて、雪も毎日降りました。そんな中でも、少しでも強くなりたいと言う思いから、気合いを入れて夜ランを続けたのですが、その結果、風邪を引いてしまいました。

 何日か前に、夜ランで21キロ走った時に風邪を引いたのだと思います。走り終わった後に、嫌な寒気を感じたことを覚えています。

 その翌日の夜ランでは、今までにない身体のダルさがあり、10キロ走ろうと自宅を出たものの、5キロで引き返しました。身体がダルいのは疲れていたからなのかな、と思っていましたが、単純に風邪を引いてしまっていたことが大きな理由だったようです。その日から、喉は痛いし、鼻水も止まらなくなりました。

 毎日、自分にムチを打ってでも走るんだという強い気持ちを持つことは必要ですが、そのせいで健康管理が疎かになり、風邪を引いてしまっているのでは、マヌケとしか言いようがありません。

 風邪を引いた原因は、夜ラン後の汗の後始末不足だと思います。

 私が夜ランをした日の外気温は、氷点下3℃でした。走っている時は寒くはないのですが、走り終わった直後、10分くらい歩いて自宅に帰るの時に、汗が冷え、一気に身体が冷えてしまっていました。

 今の秋田は、一番寒い時期は終わり、あっという間に暖かかくなり、路上に雪は全くない状態ですが、来年以降に同じ過ちを繰り返さないように反省しなければなりません。

 走り終わったらすぐに自宅に戻ること!!
 
 走り終わった直後って、身体があったまっているので、寒さが気持ち良いと思うこともありましたが、汗のせいで一気に身体が冷まされてしまうので、本当に気を付けないといけません。

 今年の冬の寒さは、峠を越えたと思いますが、まだまだ2月です。油断することのないよう、気を引き締めて行きたいと思います。

 まだ喉と鼻が辛いので、夜ランの再開は身体と相談しながら徐々に再開します。皆様もお体に気を付けて、お過ごしください。私はこれから子供を連れて、遊びに行って参ります。

 それでは、今日も一日頑張りましょう。皆さまにとっても、今日も良い日になりますように。

コメントを残す