冬の秋田、気合で15キロ。

 昨日の夜ランでは、2週間ぶりにハーフのサブ100にチャレンジしたものの、またしても失敗に終わりました。このところ、ハーフを走っても、あまり脚が痛くなるようなダメージはなかったのですが、昨日のハーフ完走後に、意外と脚にダメージが残っていて、今日の仕事中も脚が重たく、そして、膝の外側に若干の痛みを感じました。私はこの痛みが意外と嫌いではありません。この痛みを感じると、なんというか、自分が頑張った証のようなものを感じることが出来るからです。

 そして、仕事を終え、本日もいつも夜ランに出掛ける夜9時になりました。脚にダメージが残っていたのは分かっていたので、夜ランをするべきかどうか迷いましたが、敢えて走ることにしました。

 敢えて、と思ったのは、自分の中の当たり前の常識を底上げしたかったからです。いつもであれば、ある程度、脚に疲労があるのであれば、オフにしているところでしたが、昨日の不甲斐ない自分が悔しくて、疲れている上に、脚に痛みを感じていたものの、それを乗り越える精神を養う為に、無理をしてでも走ろうと決めました。

 本当は2日連続のハーフを走ろうとも考えたのですが、思った以上に脚が痛くなってきたので、15キロとしました。

本日の練習記録

 今日はスタート直後から脚が重たいのが分かりました。ラップを見ると5分19秒。昨日のダメージが残っていたので、このくらいでも仕方がないと割り切って、今日は気持ちよく走ることを優先してすることにしました。

 このまま距離だけでもは21キロを目指そうかと思ったのですが、10キロくらい走ったところで、思っていたよりも脚が痛くなった為、15キロを本日のゴールとして走りました。

 最後の3キロは、まるでフルマラソンのラスト10キロのような脚の重さになりましたが、気合で走り切りました。

 このような無理に走る、距離だけを踏むような走り込みというのは、練習の効果としては低いような気がするのですが、この状態でも走り切れたんだという自己満足感は得られたので、それだけは良かったと思います。

 しかし、このくらいのメニューもこなせないと言うのは、残念ではあります。何しろ、私は今年の6月に100kmのウルトラマラソンに参加しようと思っているのにもかかわらず、2日で40kmにも満たない距離を走るのにも一杯いっぱいなので、自分が本当に100kmを完走できるものなのか、少々不安になります。

 明日は、会社の飲み会があるので、夜ランはオフにしますが、明後日は、脚の調子があがってくるようであれば、10kmのビルドアップ走で、速いペースにも、耐えられるように、スピード練習をやっていきたいと思います。

 どうしても、今の自分は、スピードを上げて、息が少しでも上がると、ヘタレてしまい、失速してしまう傾向にあるので、そこを改善していきたいのです。

 私の目標は、秋までにサブ90だなんて言っていますが、あまりにも今後の課題がありすぎて、どれから手を付けて行けば良いのかよく分かりませんが、一つ一つ全力で取り組んでいきたいと思います。

 それでは、今日も一日お疲れ様でした。

コメントを残す