私がハーフマラソンでサブ90目指す理由について

 昨日、私は30kmチャレンジをしたのですが、途中で体力的に限界に来てしまい失敗に終わり、肉体的というよりも、精神的に少々ダメージが残っております。現時点で夜の7時ですので、まだ夜ランに出掛けられるのですが、気分転換に夜ランオフにしようかと思っております。

 ですが、早起きしてジムにはしっかりと通い、肉体改造に取り組んで参りました。また、お昼には久しぶりに自分へのご褒美として、大好きなケンちゃんラーメンを食べました。ケンちゃんラーメンは、いつも通りに最高に美味しかったです。

 さて、話は変わりますが、私が最近、やたらとサブ90を意識している理由について、お話させていただきたいと思います。

 私がサブ90を目指す理由とは、ずばり、私の所属しているマラソンサークルが、毎年9月にサークル参加者を集めて行うハーフマラソン大会で、ベスグロ賞を取りたいからです。

 その大会で、ベスグロ賞を取るには、最低でもサブ90を達成しなければならないのです。サブ80ならベスグロ賞は確定だと思うのですが、さすがに今年の9月までに、そこまでのレベルに自分を高められる自信はありません。

 しかし、最低でも、サブ90を達成できるレベルまで自分を高めて、当日を迎えたいのです。そして、それは「いつかサブ90を達成したい」のではなく、1年でも早く、いや、出来れば、今年の9月にその状態まで持って行きたいのです。

 マラソンを始めたきっかけは人それぞれあると思いますが、私がマラソンを始めたきっかけは、このマラソンサークルでした。

 私の所属するマラソンサークルは、私の勤める会社関係者で、走るのが好きな人が集まって構成されており、私は、5年前に誘われました。

 元々、私はスポーツが好きでしたので、声を掛けてもらったということをきかっけに、なんとなくマラソンを始めてみることにしました。

 これが私のランナー人生の全ての始まりでした。

 このサークルは、仙台で活動しており、毎週日曜日の早朝にきめられた公園に集まって、予め決められたコースを、思い思いのペースで1時間程、気持ちよく走っておりまして、私も3年前に秋田に転勤するまでは、毎週、参加していました。ちなみに、私が走っていた距離は6kmで、今でこそ、毎晩のように夜ランをしていますが、この頃は、走るといったら、毎週のこの時だけしか走っていませんでした。

 ですので、毎年、9月にサークルで行うハーフマラソン大会での私の記録は、1時間50分~2時間00分で、毎回、走る度に歩くのが辛いほどに脚が痛くなっていました。今思えば、走る為の脚がつくれていませんでした。

 このサークルなのですが、年齢層が高めで、日曜日の早朝に集まる年齢層の平均年齢は60歳を超えているのではないかと思います。70歳前後の参加者も普通にいました。

 この年配のランナーの方々は、新参者の私にもいつも気にかけてくれて、とても優しくしてくれました。

「君はきっと速くなれる」

 お世辞かもしれませんが、色々な方から、そんな期待を掛けてくれたことを、今でも覚えております。私は「頑張ります」と話を合わせるように答え、速く走れたらかっこいいなとは思うものの、そこまで真剣にやることはありませんでした。

 ずっと、このやり取りが、自分の中でひっかかっていたんです。

 もちろん、お世辞の可能性も大いにあるのですが、全く期待に応えるつもりもない癖に「頑張ります」なんて口だけの調子の良いことを言っていた自分が嫌だったのです。

 少しでも、期待してくれている方がいたとしたら、その期待を裏切っていたことになります。

 昨年9月にも、その大会でハーフマラソンを走ったのですが、記録は1時間49分でした。田沢湖フルマラソンでのサブ4達成に向け、ある程度の練習をして迎えたものの、2ヶ月半程度の練習ではこれが精一杯でした。

 走り終わった後、いつもの皆さんから声を掛けてもらいました。

「秋田でも頑張っているんだね」

 私は「はい」と苦笑いで答えましたが、少し恥ずかしくなりました。こんな記録で走っていたら、頑張っているわけがないのはすぐに分かります。

「来年も頑張れよ!」

 と、声をいつものように、声を掛けてもらいました。

 既に期待なんてされていないのしょうが、今年こそは、今年こそは、その、掛けてもらった期待に、真剣に応えたいのです。

 少し、いや、大分、遅くなってしまいましたが、皆さんがご健在のうちに、強くなった自分の姿を見てもらいたいのです。

 そのチャンスは毎年9月の1度きりです。

 その為にも、毎日、雨が降ろうが、雪が吹雪こうが、毎日、一歩でも前進しなければなりません。

 取り留めのない話になりましたが、以上が私がサブ90を目指す理由です。

 どうしても、モチベーションが下がってしまうこともありますが、このことを思い出して、自分を奮い立たせて、自信を持って9月を迎えたいと思います。

私がハーフマラソンでサブ90目指す理由について” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す