秋田でリュウグウノツカイ上がり過ぎ・・・。

今日は子供3人を連れて秋田にあります男鹿水族館に行ってきました。

 この水族館には子供たちを連れて月1くらいで来ています。秋田の冬場はとても寒くて天気がわるいのですが、水族館は室内ですので、寒くありません。そんなわけで、今日は1か月ぶりの訪問となりました。

 そしたら、またリュウグウノツカイがいました。

 このリュウグウノツイカイという魚なんですが、私は12月にも男鹿水族館で拝見させていただいておりました。リュウグウノツカイって、結構、レアな魚なのではなかったのでしょうか。この2ヶ月で2回もお目に掛かれることになるとは・・・。

今回、展示されていましたリュウグウノツカイはこちらです。

体長は3m82cmとのこと。身体に傷がありました。運ぶときに傷ついたのでしょうか。白身魚のようですね。

 で、なんですけど、少し「おや」っと思ったことがありまして、今回のリュウグウノツカイと先月、私が見たリュウグウノツカイの顔が違うんですよね。

写真(左):2019年12月8日 男鹿市で発見(前回)
写真(右):2020年1月16日 秋田市で発見(今回)

口?みたいなところのカタチが違いますよね。

 魚って、オスとメスでここまでカタチが違うっていうのは、私の知っている中ではいなかったので、少し不思議だなと思いました。

 まぁ、ただそれだけです^^;

 全国どこの水族館にも、こうやって展示されているものなのでしょうか。私は子供がいなかったら、水族館なんて、こんなに頻繁に来ることもないので、よくわからないのですが。

 しかし、ここ2~3年、男鹿水族館に頻繁に通っていますが、リュウグウノツカイが展示されていることなんて有りませんでした。

 リュウグウノツイカイが打ち上げられると、地震の前触れだとか聞いたことありますけど、そうならなければ良いのですが。

 最近、テレビでもやたらと大きな地震が近いうちにやってくるというので、少し心配になりました。

コメントを残す