一回ダレるとモチベ取り戻すのが難しい。

 お正月休みということで、秋田から新潟に帰省して来ました。新潟に帰ってくるのはお盆休み以来なので、約半年ぶりとなります。

 そして、本日、意を決して朝ランで万代橋やその近辺を走ってきました。

 出るまでが本当に億劫で億劫で・・・。

 以前のブログでも書きましたが、私は一度、熱が入ると一生懸命に目標に向かう性格ではあるものの、飽きるのもその分あっという間という、どうしようもないダメ人間です。

 自分が立てた目標を達成しているのならともかく、達成しないのに辞めますからね、本当にどうしようもないです。

 マラソンでは、サブ4という目標を立てておきながら、9月に出走した田沢湖マラソン大会では途中で脚を攣って4時間20分というなんとも微妙な記録でゴールする結果となっております。

走らなきゃ行けないと思う自分と、それに答えられない自分

 走らないといけないのは分かっているんですよね。いつも、夜になると「今日こそは走らないと・・・」とは思うんです。それと同時に、「でも今月は忙しかったし。明日やればいいよね?」と言い訳を考える自分がいるのです。

 自分が選択する答えは「そうだ、明日こそやればいいんだ」です。「明日がんばれば、今日さぼった分はチャラだ」なんて考えてしまうのです。

 そして、次第に走ることから離れて行って「もう今更頑張っても遅いよ」「仕切り直しで来月からやろう」と考えるようなり、いつしか、自分で立てた目標はなし崩し的になかったことになるのです。

「仕切り直しで来月やろう」

 今、まさにここに自分はいます。これでやらなかったら、どうなるかも分かります。

 そう、走ることを本当に辞めます。

 もう嫌になるんです。

 せっかく積み上げてきたものが、完全に崩れてしまい、修復不能になり、やる気がなくなるのです。

 もう、分かっているんです。
 
 走ることに限らず今まで何度も何度も同じようなことを繰り返してきました。

自分を裏切ることを辞めたい

 自分に何か特別な才能があるかどうか、もう36歳となってしまった今、どうでもいいことなのですが、とにかくこれ以上、自分を裏切りたくありません。

 とにかく、今は走ることを継続して続けたい。そう思います。

「速く走らなくてもいいから、絶対に家の外に出る。」
「月間200キロ何が何でも走りきる。」

 来年はこのふたつを強く意識したいと思います。

久しぶりの朝ラン

 毎日10~15キロ、週末は20キロ走っていた頃は、10キロくらい走ったところでノーダメージだったのですが、このところ1ヶ月近く走っていなかったので、脚が痛くなってしまいました。

 12月さぼってしまった時間は取り戻せません。

 明日は元旦マラソン10キロに参加します。久しぶりのレースになりますので、とても楽しみです。

 熱い気持ちを取り戻して、来シーズンに繋げたいと思います。

コメントを残す