早起き25キロLSDで3時間走。

 今日は4時30分に起床して、25キロLSDに5時に出発した。起きてすぐに出発しようかと思ったんだけど、思ったよりも外は真っ暗で、少しだけ待つことにした。

 なぜLSDをしようと思ったかというと、5日前に25キロを走った時に左膝のお皿が痛くなってしまい、普通に走ることが出来なくなってしまったから。

 5日も経てば、膝の痛みはほとんどなくなっていたんだけど、かといって、普通に走ってぶり返すのも嫌だなと思い、今できることと言えばなんだろうと考えていた時に、ツイッターでLSDという練習方法を紹介してもらい、ネットで調べた結果、今の自分にはちょうどいいかなとやってみることにした。

 LSDはキロ7~8分で90分以上走ると良いっぽいような説明を見た。

 細かいことはよく分からないけど、実際に言われたとおりに走って見たところ、キロ7~8分で走るということを今までやったことがなかったから、走り始めは、どういう風に走ればいいのかいまいちよく分からなかった。

 まずは、キロ8分で走ってみた。遅すぎて逆に走りにくかったけど、キロ7分くらいだと、ちょうどいいくらいだと感じたので、このペースで行くことにした。

 全く息が上がらないペースで淡々と走った。本当にこんなので練習になるのだろうかと疑問に思いながら走った。

 ひたすらそのペースで25キロ、完走。

 痛めていた左膝のお皿も、若干の違和感というか、痛みは出てきたものの、軽度のもので、これくらいの練習には耐えられるということが分かった。

 走った感想は、息も上がらず、汗はほんのりかく程度で、楽しいランニングといった感じ。風景を楽しみながら、早起きっていいな、朝の海ってきれいだなーなんて考えながら走っていた。
 
 しかしながら、LSDの効果は自分にとって、意味のあるものだと感じた。

(理由)
・インナーマッスルを鍛えるトレーニングになっている。(気がする)
・脚に掛かる負担も小さいから、疲労時にも実施可能であること。

 走り終わった後には、股関節や太ももなど、体の節々に心地よい疲労感を感じた。膝の痛みを回避しつつ、股関節や太ももを鍛えられたのが嬉しかった。

 LSDについては、ネットで調べると賛否両論あるけど、今の自分には必要なメニューだと思うので、今後も継続して行きたい。

 時間が掛かってしまうというのが難点ではなるものの、これは週末に早起きすれば解決出来ることだ。さすがに、週末の日中にLSD2時~3時間に出かけるなんてのは、家族から非難されること間違いなしだと思う。

 そうそう、今日は、走っている途中でとんでもない大雨に打たれてしまった。

 おや、遠くからゴロゴロ聴こえるけど・・・何の音だろうか。虹?いやな予感がする・・・。

 数分後、遠くからゴォーーーッという雨音がどんどん近づいてきて一気にその大雨の飲み込まれてしまった。

 海沿いなので、雨宿りする場所など一切なく松林に逃げ込んだ。

 スマホ持ちながら走っているのに、そのスマホが防水仕様でないから絶対に濡れるわけにはいかなかった。

 逃げ込んだ先の松林はこんな感じ。多少は濡れたけど、モロに雨を浴びるよりは全然マシだったと思う。

 草はふかふかで、蛇でも出そうな雰囲気だったから、早く雨が止むことを祈り続けた。

 雨は10分くらいで止んでくれた。助かった・・・。

 ロング走に出る時は、天気予報を見てから出発しているだけど、今回の大雨は分からなかったなぁ。今度から、せめてスマホだけでも助かるように、ビニール袋ひとつくらい用意した方がいいのかもしれない。

コメントを残す