秋田の竿燈まつり写真だけ貼って寝ます。

竿燈を持ち上げる前の写真

行ってきました、竿燈まつり。
毎年、8月3日~6日までの4日間、秋田市のど真ん中で行われる竿燈まつり。

青森のねぶた祭り、仙台の七夕まつりに並んで、東北の3大祭りと呼ばれている。

俺は3年前に、仙台から秋田に転勤してきて、最初の年に、さっそくこの祭りを見にきて、きれいだなと感動して以来、毎年、見に来ている。

と言っても、今年でまだ3回目だけど。

観光バスが何台も何台も大通りに横付けで止められているのを見ると、色々なところから見に来ている人がいるんだなと思う。

さすが、東北3大祭りなだけある。

竿燈が一斉に挙げられている写真

夜7時くらいから演技が始まって、夜9時前には終わる。
観光客は大勢きているけど、大きなとおりで、ずらーっと挙げているから、何気に空いている穴場スポットが、ぽつりぽつりとあったりする。

これが東京だったら、やばい混雑になっているんだろうけど、そこは秋田だから、こんなに素晴らしいお祭りにも関らず、意外と駐車場やら、見る場所やら、場所取りをしなくてもなんとかなっちゃう。

本当は動画も撮っているから、この雰囲気を伝えたかったんだけど、やり方が分からないので、それは、また後日ということで。

コメントを残す