練習12回目~真夜中だけど晴れ~

今日は久しぶりに夜練。
いつもの慣れ親しんだ10キロのコースを走ることにした。

そして、その慣れ親しんだコースを久しぶりに夜に走って気が付いたメリットがある。

気が付いたことは2つ。

1.夜走るのは涼しくて走りやすいということ。
2.慣れているコースだからどのくらいまで追い込めるのか分かる。

1つ目のメリットってどうなんだろ。
昼間走るのと、夜走るのってどっちが効果的な練習になるんだろうか。
涼しいから走りやすいことは走りやすいんだけど、マラソン大会って基本的に日中帯にやるわけだから、日中の暑さには慣れておいた方がいいのだろうか。

2つ目のメリットは明らかに感じた。
ここでこのくらいの疲れならあとはもうちょいスピード上げても最後まで持つな、とか。

土日に走ったコースは初めてのコースを手探りで走ったもんだから、
トータル何キロになるか分からなかった。
だから、途中でバテたら嫌だなとペースを落として走った。

別にこれはこれで景色を楽しむ目的もあったからこれでいいんだけど、
こればかりでは練習にならないような気がする。

しかし、今日は先日の土曜日に20キロ走ったのが明らかに効いていた。
気持ち的なところなのかもしれないけど、先週走った10キロは短く感じた。

10キロ通過が49分ちょいだったと思う。
半月前にランニング始めたばかりの頃は55分切れたらいいな、
なんて考えていたけど、思ったよりもすぐに達成できた。

まぁ、もとより達成しやすい目標だったから、
すぐに達成できただけというのもあるけど。

あんまり分不相応な高い目標立てちゃうと
達成できなくて嫌になっちゃうからね。

なんて言いながら、3ヶ月でフルマラソン4時間切るなんて
目標立てちゃってる自分がいるわけだけど。

いやー、しかし、4時間切れるもんなのかな。
おととい20キロ走ったけど、その倍なわけでしょ。

脚、いや、膝が持つかどうか。

あと、7月は仕事がすっごい忙しい。
飲み会や会議、出張がある。

その分、予定がない日は確実に距離を稼いでいきたい。
そんなわけで、雨が降っていないんなら、走らないわけにはいかない。

今週末も晴れたら20キロ走ろうかな。
20キロをキロ6分30分ペースの練習が思いのほか効果を実感出来たので
嬉しい一日でした。

コメントを残す